前へ
次へ

化粧品パウダーの選び方

化粧品でパウダーの選び方は人それぞれです。
ツヤを出したいという人や、マットに仕上げたいという人、さらさらに仕上げたいという人もいます。
自分のなりたい肌で、商品選びをします。
オイリー肌の人は、マットで崩れにくいタイプを選ぶのがベストです。
乾燥してつやのない人は、少しだけパールが入っているタイプを選ぶと健康的に見えます。
赤みが強い肌の色の人は、ブルーベースのパウダーを使うと落ち着きます。
青白い人は、ピンクベースのカラーを選ぶと良いと言われているようです。
黄みよりの人は、ラベンダーカラーで調整してくれます。
パウダーは化粧直しのときに大活躍します。
あぶらとり紙で余分なあぶらをとったあとに使用するだけで美肌に整います。

フェイスパウダーのメリットについて

化粧品の中でも一番粉が多いのがフェイスパウダーです。
メイクの仕上げにつけると化粧崩れを防ぐ事ができて、光の反射を上手く利用して立体感のある顔に仕上げることができます。
皮脂や汗をパウダーが吸い取ってくれるので、化粧が崩れにくくなり、長時間メイクを持続させるというメリットがあります。
特にリキッドファンデーションを使った時には、パウダーで仕上げるとマットできれいな質感を出す事ができて、とても相性が良いです。
粒子が細かいため毛穴をカバーすることも可能で、アイメイクやチークなどがよれるのを防ぐ事もできます。
付けすぎると厚ぼったくなってしまうので、仕上げに薄くつけるようにして、余分な粉はブラシなどではらうのが良いでしょう。

Page Top