前へ
次へ

フェイスパウダーの付け方について

汗や皮脂などを吸収してくれて、サラサラ肌を維持してくれるのがフェイスパウダーのメリットでもあいます。
化粧品として最後に使用するとメイクが長持ちして、肌がきれいに見えるようになります。
パフで付ける場合には、大きめのパフを使うのが良いでしょう。
粉をパフに含ませたら全体的に粉をもみこむようにしてから、肌に伸ばしていくとまんべんなく粉が付いてくれます。
Tゾーンなどの皮脂が多い部分は心持ち粉を多めに伸ばすと、メイクの持ちがよくなります。
ブラシで付ける場合には、ブラシに粉を含ませた後、ティッシュの上で余分な粉を落とします。
こうすることで厚ぼったく粉が付くのを防ぐ事ができます。
中心から外側へ向かって付けていくと、ムラになりにくいです。

パウダー使用のコツについて

フェイスパウダーはメイクの仕上げに使う化粧品ですが、ちょっとした別の使い方をすれば、メイクの持ちが断然違ってきます。
ファンデーションの前にパウダーを使うという方法です。
化粧下地を塗った後にパウダーを付けてからファンデーションを付けると、下地の油分を粉が吸収してくれるので、ファンデが肌に密着して付いてくれます。
メイクが崩れにくくなり、毛穴をカバーすることもできて、きれいな肌に見せる効果があります。
粉を付けすぎないようにして、薄く伸ばすのがコツです。
パフで薄く粉を伸ばした後にパウダーで余分な粉を払うようにすると、付けすぎ防止になります。
しっかりと基礎化粧品が浸透してから下地を塗り、その後に粉を付けるのがコツです。

Page Top