前へ
次へ

化粧品のパッチテストについて

初めての化粧品を使うときには、何も異常が発生しないかと言うことが気になります。
使う前に自分の肌に合っていないと言うことがわかれば、大きな炎症を発生させずに済みます。
このようなときに行われているのがパッチテストです。
これは実際の商品を二の腕の内側に塗って、24時間経過観察をして異常を発見するという方法です。
このパッチテストはとても重要で化粧品で炎症を起こしたことが一度でもあるという人は行う方が安心です。
この炎症などのかぶれの成分の特定ができなければ、いつまでも肌のトラブルを回避することができません。
化粧品をかえても肌荒れが治まらないという場合には、新しい商品にも前のものと同じ成分が含まれている可能性があるので、しっかりと容器を確認するようにします。

化粧品のパッチテストについて

新しく化粧品を使う場合や、敏感肌の人はとくに商品を使う前にパッチテストを行って肌に異常が発生しないかを確認する必要があります。
こうすることで大きな肌トラブルにつながるのを抑えることができます。
方法は簡単で、入浴後のに二の腕の内側の肌の柔らかい部分に化粧品を塗って、24時間経過を観察するだけとなっています。
そして24時間後に炎症などの異常が見られなければ、首などに再び塗って経過を観察します。
ここで何も異常が発生しなければ、その商品を安心して使うことができると判断できます。
このようなパッチテストは以前使っていた化粧品でも、生理の前後の時のようにホルモンバランスが乱れて肌が敏感になっているときにトラブルとして発生してしまうことがあるので、できれば実施する方が安心です。

Page Top